日経電子版価格調査団JN31

日経電子版を無料で読みたい!役に立つ方法教えます


しつこい新聞勧誘の断り方:勧誘に来るのは新聞拡張員が多いQD81

新聞というのは物凄く勧誘を受けることになります。

営業マンも生活がかかっているわけですから、かなりしつこいことも多いです。

新聞は拡張員と言うのが専門に営業行為をしていることが多いです。

この場合、しつこいこともありますが明確に断ることによって、意外とすんなり退くことがあります。

法律を持ち出したり、相手が嫌がる行為をすることによって、簡単に断れます。

そんなに難しいことではないのでいくつかその方法を知っておくとよいでしょう。

しつこい新聞勧誘の断り方:ハッキリ「必要ない」と伝える68

ハッキリと「いらん」と言うことによって、二度目は勧誘できないようになっています。

これは正確に伝えることです。

そうすれば再度の勧誘というのはできなくなります。

もちろん、それでもしつこい人がいます。

そうした人にもいくつかの対策法がありますから、これをよく覚えておくとよいでしょう。

昔のように極端な押し売りはほぼできないような時代になっていると言えます。

まずは断る勇気をもつと強いでしょう。

具体的には、相手の話を聞かないで「いらん」というのです。

しつこい新聞勧誘の断り方:ネームカード・社名・氏名を聞くBG78

相手が嫌がる行為として、名前を聞くことです。

もちろん、会社名も聞くことになります。

それでそこにクレームをつける、といえばよいのです。

これだけでほぼ退散するようになります。

これでも尚、勧誘をしてくる拡張員はいないでしょう。

クレームがつくこと自体はそんなに珍しくないのですが、明らかに名指しでクレームを入れられると対応せざるを得ないのです。

それを意識して、名前を聞くのです。

ちなみに答える義務が訪問販売員にはあります。

しつこい新聞勧誘の断り方:特定商取引法を持ち出して断るGK72

特定商品取引法と言うのがあります。

訪問販売もこれに該当する販売方式になります。

この法律の一文に「契約を締結しない旨の意思を表示した者に対する勧誘の禁止等」と言うのがあります。

名称からわかるようにいらないと意思を表示したのに勧誘をするのは禁止されているのです。

一度断って、この法律を持ち出して再度断れば、基本的には相手は退くことになるでしょう。

特定商品取引法、と一言言うだけでも相手は面倒な人だと思って帰ることすらあります。

密かに楽しみだった新聞の小説

学生の頃一人暮らしをしていて、就職活動中だけ新聞を取っていました。

一般常識として時事問題をきちんと把握しておくことと、社説などを読んで語彙を増やしたり文章力を学ぶことを目的としていましたが、意外に毎日連載されている小説が面白かったのを覚えています。

新聞はすぐに溜まって置き場所に困るのと、紐で縛ってゴミに出すのが面倒だったので、就活が終わったらすぐに解約するつもりでしたが、結局物語が最終回になるまで購読し続けました。

日経新聞 料金

日経新聞の料金が高い!という方におすすめのサイトです。なんと無料で読む方法が紹介されています!

↑ PAGE TOP